Release

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 14:25


今日

愛用してきたニーチェストが旅立った。


音楽家にとって楽器が大切な様に

カイロプラクターにとっても施術台は大切だ。


施術台とは実に不思議なもので

どんなに気にいってたとしても

不満が出てくる。

これは自分が成長したからだと思う。

カイロプラクターとしての純度が高まれば高まる程

カイロプラクティックに適した純度の高い施術台を求める。

あるいは自分の理想とする

カイロプラクティック・アジャストメントを達成する為に

必要な施術台を求める。


全ては

より良いカイロプラクティックをクライアントさん達に

提供する為。


カイロプラクティック的に言えば

脊椎サブラクセーションを取り除き易くする為。






愛用のニーチェストを手放せた喜びで

心は満ちている。
 
The Fujibuchi Special Mark
-Scarab-

この緋色のニーチェスト無くしては

今の自分は存在しなかった。


常に通過点

その教えを胸に

これからも突っ走っていく。




<自分の信じる道を恐れず進んでいこう!>











 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM