カイロプラクティックに価値を

  • 2016.10.13 Thursday
  • 19:22



3年ぶりに

首の先生こと、まつもと上部頸椎の

松本享士先生が金沢からスパインチェックにやってきた。

ご自身のスパインチェックもさることながら
 
「サブラクセーションって何ですかね?」
 
という鋭い質問に大よその時間を費やした。
 
カイロプラクティックを実践していると

必ずといっていい程

この疑問にぶち当たる。

カイロプラクティックにのめり込んでいる

カイロプラクターほどその疑問は強いかもしれない。


我々カイロプラクターは

クライアントに対し

脊椎サブラクセーションがどういう状態なのか?

そしてその状態がどの様な形で

その人の人生に影響(メリット・デメリット共に)を与えているのかを

明確に伝えていかなければならない。

これを怠ってしまうと

カイロプラクティックに価値を持たせることは難しくなってしまう。

何故ならば、

脊椎サブラクセーション状態でも人は生きているからだ。

言い方を変えると

カイロプラクティックを受けなくても人は生きてくことが出来るということ。


カイロプラクティックに価値を持たせるも持たせぬも

全てはカイロプラクター次第。


松本先生

おかげ様で益々カイロプラクティックを追求出来ます。

今日はありがとうございました!!

 














 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM